Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

においが無い白髪染め

以前は色々なメーカーの白髪染めを試していましたが、ここ5年くらいはサロンドプロの『ニオイのない白髪染め』を使っています。美容院で染める方が良いの はわかっていますが、白髪は根元から直ぐに白く目立ってくるので経済的にも頻繁に染められる市販の物を使っています。『ニオイのない白髪染め』は名前の通 り臭いもなく、染めている部屋も全然臭くなりません。分割して使う事も出来ると書いてありますが、ショートの私でも一度で使い切ります。部分的に染めても やはりむらができてしまう様な気がします。
特に後ろは見えないので塗った時の地肌の冷たさで判断します。色は本当は明るい色を選びたいのですが、 今まで使ってきて明るい色だと白髪が綺麗に染まらなかったので、ナチュラルブラウン5を使うようになりました。ナチュラルブラウン5はカラーガイドの暗い 色のほうで、染めると髪の色が全体的に濃くなりますが、白髪もしっかり染まるので染めたてはとても良い感じになります。

でも、毎日髪を洗うたびに少しずつ 落ちてくると同時に根元の白髪も目立ってくるので、月に2度くらいは染めるようになります。

今は毎日トリートメントしながら染めるタイプもありますが、濃 い色の染料が毎日お風呂場に着いたり、手が黒くなったり、使い捨ての手袋を毎日使うのも億劫なので、試してはみましたが続ける気にはなりませんでした。

そ れに一度ではちゃんと染まらないので、やはり続けて使う必要があります。何かもっと手軽に頻繁ではなく白髪を染められる(根元から白髪にならない)ものが できたら良いと思う今日この頃です。

白髪染めの商品ランキング

白髪の目立ってきた髪をおしゃれに染める工夫

30代後半から白髪がちらほら気になり始めました。それまでは、ヘアカラーリングでブラウンに染めていましたが、白髪が増えてくると、やっぱり白髪染めに 移行するタイミングなのかなあと苦悩。

はじめは、カラーリングを逆に明るめに変えて、白髪とのコントラストが出ないようにしていました。これはなかなかい い感じだったのですが、髪の傷みのせいか、ぱさつきが目立つようになり、上品さにかける気がしてきました。

白髪が目立たないほどの明るいカラーの髪をきれ いに品よくみせるためには、なんといっても髪のつや感は欠かせません。そこで、白髪染めにチャレンジしてみることに。なかでも明るめのブラウンをチョイス し、自分で染めてみました。

すると、白髪はそこそこ染まりますが、地毛が黒いせいもあって、全体的に黒く重い感じに仕上がり、地味になってしまいました。 髪の色ひとつで、似合う服も変わってしまいますので、がっかりです。そこで、自己判断に限界を感じ、ヘアサロンに出向きプロの方に相談してみました。「白 髪はそこまで多くないので、髪の根元から目立つ部分のみ白髪染めを使い、そこから毛先に向かっては、カラーリング剤を使ってみましょう♪」とのご提案。結 果、白髪の目立ちを抑えつつ、全体的に明るめのブラウンに染め上がりました。白髪染めと普通のカラーリングの併用なんて考えてもみませんでしたので、これ には気分も上々です。今後は、ちまたで話題の「ヘナ」にも挑戦してみたいなと考えています。